自分に合った学習塾選び方

一言に学習塾と言っても、大手の進学塾もあれば
個人で経営する家庭的な塾もあります。

どういう学習塾が子どもや自分に合っているのか、よく見極める必要があると思います。

どこでも同じではありません。

それに、一度その学習塾に入ってしまうと、なかなか塾を変えたりしにくくなります。

なので、事前の情報収集が大事になってきます。

塾の広告、ホームページ
塾の説明会
体験授業や体験入塾
など、様々なやりかたで情報を収集します。
すると、いくつかの塾を調べるうちに、塾の特色や違いがわかってくると思います。

費用
通塾の日数と時間(週何日、何時から)
カリキュラム(学習内容)
などなど、

どの項目も、その家庭にとって大事なことだと思います。
塾に通う本人だけでなく、個々それぞれ相性もあるでしょうから、本人とじっくり相談して、限られた範囲のお金や時間、労力でできることを選びたいですね。

ただ行かせるのではなく、何のために塾に通うのか、その目的と
塾通いに対する家庭の方針などを、しっかり話し合っておくのも
重要ですね。
posted by 先生 at 20:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学習塾の内容

学習塾の選び方

一言に学習塾と言っても、大手の進学塾もあれば
個人で経営する家庭的な塾もあります。

どういう学習塾が子どもや自分に合っているのか、
よく見極める必要があると思います。

どこでも同じではありません。
それに、一度その学習塾に入ってしまうと、
なかなか塾を変えたりしにくくなります。
なので、事前の情報収集が大事になってきます。

塾の広告、ホームページ
塾の説明会
体験授業や体験入塾
など、様々なやりかたで情報を収集します。
すると、いくつかの塾を調べるうちに、塾の特色や違いがわかってくると思います。

費用
通塾の日数と時間(週何日、何時から)
カリキュラム(学習内容)
など、

どの項目も、その家庭にとって大事なことだと思います。
塾に通う本人だけでなく、個々それぞれ相性もあるでしょうから、本人とじっくり相談して、限られた範囲のお金や時間、労力でできることを選びたいですね。

ただ行かせるのではなく、何のために塾に通うのか、その目的と
塾通いに対する家庭の方針などを、しっかり話し合っておくのも
重要ですね。
posted by 先生 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾選びの注意

受験のための学習塾

首都圏では、中学受験をする子ども達が年々増加していて、
(小学校受験も、もちろん多いです)
当然ながら塾に通う子どもの数も相当なもののようです。

大手の進学塾によれば、東京都では
小学生の約4人に1人が、中学受験を経験しているそうです。

これは、東京都立の中高一貫校が、入試を実施したことが、
受験者を増やす要因になったと見られています

受験をするなら、小4から塾に通う、というのが定説で
小5では手遅れ、とまで言われることもあるそうです。

首都圏の受験熱はすごいですね。

今の子ども達の忙しさというのは、昔とは比較にならない状況で、学校から帰宅するともう夕方、その後習い事などに行くとすると、友達とゆっくり遊ぶ時間もなかなか取れなく、
公園で遊ぶ子ども達も、以前ほどは見かけなくなりました。

これは、切実な問題です。

塾選びは大切です。

カリキュラムなど学習内容だけでなく、先生との相性もあります。

少なくない費用をかけて塾に通うのですから、ぜひ、じっくり
比較検討して、本人とも相談して、決めてほしいと思います。
posted by 先生 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾選びの注意

子供に合わせた学習塾を選ぶ

一斉指導型学習塾と、個別指導型学習塾、どちらがいいのかは、子どもの性格や学力によって一概には言えませんが、どんな子どもでも対応できるのが、個別指導型の、中でも個別カリキュラム方の学習塾といえるでしょう。


一斉指導型学習塾の場合は、やる気や集中力があるのはもちろんですが、学力も学習塾の指導レベルに十分ついていけるレベルであれば、大人数の中で競争意識を高めるのに非常によいと思います。

負けないぞ!と言う意気が、子どもにとってプラスに
なると思います。

逆に学校でも授業についていけないような子どもは、学校以上に取り残されていくだけですので、
自分は学校でも学習塾でもおちこぼれだと、
自信をなくすこともあるのでやめたおいた方が良いでしょう。

個別指導型学習塾の場合は、
できていない子はできていない子なりに、
できる子はどんどん先取り学習ができますので、
どんな子どもでも対応できる学習塾といえます。

成績が悪いからとか、学校の勉強についていけないから、
という理由で学習塾へ通わせるのであれば、
学校の教え方で理解できない子どもは、
一斉指導型の学習塾でもついていけないのは、
目に見えていますので、
個別指導型の学習塾をお薦めしますが、
やはり長所、短所がありますのでよくそこの学習塾の特徴を、
理解した上で決めましょう。
posted by 先生 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾選びの注意

学習塾学習法の種類

学習塾のタイプには大きく分けると、
一斉指導型と個別指導型の2種類があります。

それぞれの特徴としては、一斉指導型の学習塾は、大勢の生徒に対して、先生が一人で講義や指導をする形です。

学校と同じ感じですね。


それに対して個別指導型の学習塾は、生徒一人一人に対して個別のカリキュラムで指導をします。

本来の個別指導は生徒一人に対して先生が一人というものでしたが、一対一では学習塾側の経営効率が悪すぎて、月謝がその分高くなってしまいますので、最近では生徒数人に対して先生が一人という形に変ってきています。

また、個別指導型学習塾にも二通りあって、単純に一斉指導型学習塾で指導するような内容を、一人〜3人ぐらいの少人数に教えていくタイプと、それぞれの生徒に対して、
個別のカリキュラムで教えていくタイプがあります。

個別カリキュラムの場合は、一クラスの中にさまざまな学年、
さまざまな科目が同時進行ということもありえます。

特にパソコンを使った学習塾では、それぞれの子どもが自分専用のパソコンにカリキュラムがセットされているので、一クラス8人に小学生から中学生まで同時に受講するということも、
可能となります。
posted by 先生 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習塾の内容

インターネット学習塾

インターネット学習塾は普通の学習塾とは違いますが、昔からある家庭学習のための勉強方法のひとつです。

指導の方法・形態

生徒一人一人に個別のカリキュラムで、送られてきたプリントなどを使って自宅で学習したり、
24時間、専門の教師が居るので分からないことがあればすぐに質問出来るので良いですね。

向いている子供のタイプ

勉強しようという意欲がある。
物事に集中できる性格。
やり始めたら最後までやり遂げる。

長所

自分のペースで勉強ができる。
個別に対応するため成績の良い子はどんどん先取り学習ができる。

わかっているところはとばして学習することも可能。
学習塾と違って、決まった時間に決まった場所へ行く必要がない。

いつでも子どもの都合に合わせて勉強できる。

問題点

先生の監視がないため怠けたければ怠けることができ、勉強しているふりをすることができる。

集中力がない子どもの場合はすぐ飽きてしまう。

よほど勉強する意欲がないと、途中で勉強をしなくなって宝の持ち腐れとなる場合もあるので根気や忍耐力も必要ですね。
posted by 先生 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット学習塾

インターネット学習塾とは

インターネット塾の利点は、費用が格安という点以外に、
好きな時間に、好きな授業を、好きなだけ受けられる。

わからないところは何度でも繰り返し学習できる。

塾に通う手間が省けるといった点でしょうか。

一方欠点をあげるとすれば、自己管理が難しい。

模擬テストが受けられない。

キメ細やかな受験情報が得難い点だと思います。

小中学生の子供を持つ方なら一度は悩む塾選び、塾通いによる夜遅くの帰宅が不安という時代になってますね。

でもこれで不安解消です、自宅にいながら、いつでも好きな時間に自分が学びたい所が学習できます

復習や先取り学習が可能です。

学年にとらわれず、わかる所から学習をスタートできます。

個人ごとに学習履歴をすべて記録し、「24時間質問掲示版」で、いつでも質問受け付けてますので安心です。

[こんなお子様にお奨めです]
部活や習い事が忙しく時間がとりにくい人。
事情があって学校へかよえない人。
PCとインターネットが好きな人。

通学ではなくお家で学べるという安心感もありますね

posted by 先生 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット学習塾

個別指導学習塾

個別指導型学習塾について

指導の方法や形態などは
生徒1人〜数人の少人数に対して先生が一人というところがほとんどですね。

一人一人個別のカリキュラムで指導しています。

向いている子供のタイプは
勉強しようという意欲があるのは当たり前ですが、
忍耐力も必要だと思います。
学校の成績には関係なくほとんど全ての子供が入塾出来ます。

長所は
自分のペースで勉強ができます。

個別に対応するため成績の良い子はどんどん先取り学習ができます。

成績の悪い子供でも、わかるところからさかのぼってスタートできるため、自分の苦手な部分を克服出来ます。

問題点は
学年が進んだ子供の場合、さかのぼってスタートするとなかなか現在の学年に追いつくことが難しいです。

そのため学校の成績が上がるまでに時間がかかります。
また、多くの学習時間を必要とするため受講料が高めになる、実際は
この点が一番の問題点の様な気がします・・

お子さんの人生を左右すると言っても過言ではないので
学習塾選びは慎重に選びましょう。
posted by 先生 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。